インプラントの治療を受けたいと考えている人にとって最大の問題は「治療費の高さ」でしょう。
インプラントの治療には原則として保険が適用されないので、他の治療方法と比較すると治療費が非常に高額になります。
現在、インプラント一本の価格は30万円から50万円くらいが相場と言われています。
2本・3本と治療する場合には当然ながら治療費も2倍・3倍になるわけですから、一般の人が気軽に治療を受けるというレベルを超えているかもしれません。
ただし、価格が高いだけあって、インプラントには他の治療法にはないようなメリットが数多くあります。
たとえばブリッジによる治療では歯冠を固定するために健康な歯を削って土台を作る必要がありますが、歯を削ってしまうと歯がもろくなってしまいますし、新しい虫歯の原因にもなります。
その点、インプラントでは他の健康な歯に悪い影響をあたえることはありません。
また、部分入れ歯の場合は患部を清潔に保つことが難しくなるため、歯周病などを引き起こす可能性が高まりますが、インプラントではそのような心配もありません。
ですから、治療費の問題さえクリア出きればインプラントの治療を受けたいと考えている人はたくさんいるでしょう。
さて、最近になって、一部のインプラント治療について保険が適用されるようになりました。
といっても一般的なインプラント治療は未だに保険適用外の自由診療となっていて、保険が適用されるのは「形成不全や病気・怪我によりアゴの骨の大部分を失っている場合」など特殊な状況に限られます。
また、このような状態であってもブリッジ治療によって回復可能な場合には保険が適用されず、ブリッジや入れ歯での回復が困難な場合にだけ保険が適用されます。
このように、事実的には保険でインプラント治療を受けることは不可能であり、インプラント治療を受けるためには高額な治療費を用意する必要があります。
もし、まとまった金額を用意できないという場合は、金融機関のデンタルローンを利用するのがオススメです。
安定した収入があれば通常のローンよりも安い金利でお金を借りることができますし、利用限度額も大きいですから、利用費の支払いには最適です。