歯を失ってしまうと、そのままにしておくとかなり不便ですし、見た目にも問題が出てきます。
そこで新たに歯を作っていく治療が行われることになります。
歯を作る治療としては、代表的な治療に入れ歯、そしてブリッジ、さらにインプラントがあり、それぞれ違う特徴を持っています。
まず入れ歯は歯を削らずに治療が行えますし、保険適用でも作ることができます。
でも、入れ歯は動きやすく、ずれやすいこと、そして歯茎が痛くなる、噛む力が弱い、見た目が悪いなどの問題もあります。
より優れた入れ歯も登場していますが、そういった治療では保険が適用されませんので治療費は高くつきがちです。
そして、ブリッジの場合は入れ歯とは違いますので動く心配もないですし、そして違和感も少ないものです。
取り外してお手入れをする手間もないですし、保険適用の治療ならかなり安くできます。
でも、ブリッジの欠点としては悪くない周辺の歯を削ることがあげられ、さらに支えている歯への負担も心配となってきます。
できることなら悪くない歯は削らずに健康な状態で保っておきたいものです。
そして、インプラントは今特に注目されている治療です。
歯がなくなってしまった部分の顎の骨に人工の歯根を埋め込み、そして定着後に歯冠をかぶせ新しい歯を作っていきます。
まわりの歯を削る必要もないですし、自分の歯のように使えるので、周辺の歯に負担がかかる心配もありません。
そして見た目も本物の歯に近いですしとても優れた治療と言えます。
以前は骨が足りない人は治療ができないことも多かったですが、最近はそういった方にも対応できる治療も登場しており、より多くの方が利用できるようになってきています。
インプラト治療はとても優れた治療ですが、歯科医院によって治療の技術には差がありますので治療を行うときは評判はしっかり調べておきたいものです。
そして長持ちさせるためには治療後のアフターケアも大切ですので、しっかりその後のケアが行われるか、長期に保証を行ってくれるかも確認しておきたいものです。