インプラントは従来のブリッジや差し歯などの治療法に比べると非常に満足度の高い治療だと言うことができますが、その一方で価格が非常に高いという欠点があります。
現在、インプラントにかかる費用は20万円から50万円程度だと言われています。
しかも、これは一本の治療にかかる費用であり、複数の歯をインプラントで治療した場合にはこの何倍もの費用がかかることになります。
なぜインプラントが高価なのかというと、一番の理由は保険が適用されないということです。
たとえば、入れ歯やブリッジといったこれまでの治療法では保険が適用されるため、治療全体にかかる費用は2万円から3万円程度が相場です。
しかし、インプラントの場合は自由診療となるため、どうしても治療費が高額になってしまうのです。
ちなみに、入れ歯やブリッジでも保険適用外だとインプラントと同じくらいの費用がかかります。
また、インプラントには手術が必要であることも治療費が効果になる理由の一つです。
インプラントでは人工歯を固定するための歯根をアゴの中に埋め込む必要があります。
そのためには麻酔もしなければなりませんし、外科手術もしなければなりません。
手術をするとなると手術前にはアクシデントを避けるために様々な検査をしなければなりませんから、検査費用がかかります。
治療期間が長期に亘るというのもインプラントの治療費が高くなる理由です。
入れ歯やブリッジの場合は長くても一ヶ月以内に治療は終了しますが、インプラントの場合は3ヶ月から6ヶ月という時間がかかります。
手術で失敗を避けるためには綿密な治療計画をたてて、時間を掛けて診察や検査を行うことが必要になるからです。
このように他の治療法と比べると費用が高額になるインプラントですが、その分しっかりとしたアフターケアを行うことで、かなり長持ちします。
ブリッジや差し歯の場合は外れたりずれたりすることがよくあるので、何度も治療を行うことがありますが、インプラントではそのようなことはまずありません。