インプラントの大きな特徴の一つは「耐久性に優れていて長持ちする」というところです。
入れ歯やブリッジの場合は治療部分の周囲を清潔に保つことが難しいため、新たな虫歯ができやすくなったり、歯周病にかかりやすくなるという欠点があります。
また、ブリッジでは歯冠を固定するために失った歯の両隣の歯を削って土台とする必要があります。
このとき、まったく問題のない両隣の歯を削ってしまうことで歯の強度が失われ、健康な歯にまで悪影響が及ぶことになります。
一方、インプラントでは入れ歯のように留め金を使ったりしないので健康な歯に負担をかけることがありませんし、ブリッジのように健康な歯をわざわざ削ったりする必要もありません。
インプラントでは歯の治療のために健康な歯を犠牲にするといったことがないのです。
しかも、仕上がりが非常に綺麗で見た目にもそれがインプラントがどうかわからないくらいです。
こういった理由から、治療費が高額になるにもかかわらず、インプラント治療を受ける人が増え続けているわけです。
ただし、インプラントの場合は顎の部分の歯肉を切開して、顎の骨の中に固定具を埋め込むという手術が必要になります。
このように、入れ歯やブリッジと違って治療後のメンテナンスが比較的容易なインプラントですが、長持ちをさせるためにはやはり定期的なメンテナンスは欠かすことができません。
噛み合わせというものは時間が経過するにつれて変化します。
そのため歯周病になることもありますし、インプラントがズレてしまうこともあります。
そうなると物をうまくかむことができなくなりますし、体のバランスが崩れて肩こりや頭痛などが起こることもあります。
インプラント治療後は理想的には3ヶ月に一度程度の定期健診が必要になります。
こまめにチェックすることで問題を早期に発見することができれば、その後の対応も簡単になります。
クリニックによってはインプラント後のアフターケアを長期間保証していて、その間のメンテナンス費用を無料としているところもあります。
インプラントを長く使い続けるためにはこのようなクリニックを利用するのも良いでしょう。